目の錯覚を利用した男性ウケの良いスカートのコーデ

2015年は春も夏も長め丈のスカートがトレンドです。
スカートの長さとしては、「膝にかかるくらい」、もしくは、「膝より下の太ももにかかるくらい」。
これくらいの長さが今トレンドのスカートの長さです。
男性はスカートをはいている女性に好印象なので、男性ウケ・彼氏ウケを狙うならデート服としてスカートを押さえておきたいところ。

でも、丈が長いスカートって、スカートの長さに負けてボテッとした印象になりがちです。
とくに、身長が低い女性が丈の長いスカートをはくと、服に負けしてしまうというか、スカートに着られてしまっている印象になりがちです。
足が短く見えてしまったりして、ダサい感じになってしまいます。

そこで、「目の錯覚を利用した男性ウケの良いスカートのコーデ」を紹介したいと思います。
スカート アウト  スカート イン 
こちらの「白のトップスの女性」と「チェック柄のトップスの女性」では、どちらがスラッとした印象でしょうか。
「チェック柄のトップスの女性」の方がスラットした印象で脚長な感じに見えますよね。
男性からみても好印象なコーデは「チェック柄のトップスの女性」の方です。

 

これは、目の錯覚を利用した服の着こなし方法です。
「ミュラー・リヤー錯視」という目の錯覚があるのですが、ちょっとこの図を見てみてください。
ミュラー・リヤー錯視 
AとBの縦の棒は、どちらが長く見えますか?
Bの方が縦に長くみえますよね。
でも、正解は長さは「どっちも同じ長さ」なんです。

Bの方は、棒の上にVの字、棒の下に逆Vの字があるだけで、棒が長くみえるんですね(・∀・)
これをコーディネートに応用します。
スカート イン 
さきほど紹介した「チェック柄のトップスの女性」。
こちらの女性はトップスをスカートにINしています。
これによって、ウエストがキュッとしている印象になって、ウエストを起点として、スカートが逆Vの字に広がる感じに見せることができます。
スカートが逆Vの字に広がる感じになっているので、脚長に見えます♪
今回の紹介した写真ではチェック柄のトップスですが、Vネックのトップスで、首元をV字にして肌を見せてあげると、さっきの図Aに近づいてもっと良くなります。

 

いろいろお話してしまいましたが、「男ウケ」、「彼氏ウケ」を狙うなら、トップスはスカートの中にINしてあげましょう。
そっちの方が、男性目線から見ても、スラッとした脚長にみえます。
ぜひ、デート服の服装テクニックとして活用してみてください。

コメントを残す