大人になると「人見知り」になるってホント?

社会人デビューとともに、より人間関係が拡大。
緊張する場面も増えるだけに、改めて「人見知り」を自覚する人が急上昇中のようです。
でも、これはモテることから遠ざかってしまって、もったいないです。
人見知り 
20代の女性に「あなたは人見知りですか?」アンケートをとったところ、なんと77%の人が「人見知り」と答えたそうです。
4人のうち3人は「人見知り」と自覚しているようですね。

「人見知り」と自覚するのはこんな時が多いようです。
・スピーチなど、大勢の人の前でしゃべる場面
・パーティーなど、人が多くあつまる場面
・異性と二人きりのとき

春は出会いの季節でもありますが、「人見知り」だと出会わずに終わってしまいます。
夏は花火大会などイベントもありますが、結局、いつもどおりの友人とイベントに行くことに。。
なんて、ことになっちゃいますよ。

人見知りだと「なんか近寄りがたい女性だな。」とか「話しかけずらいな。」と男性も思っちゃいます。
とはいっても、「人見知り」を直すのって難しそうですよね。

「人見知り」を改善するには、「自分がどうみられているか考えない」ことがポイントです。
自分を意識するのではなく、例えば、男性から話しかけられたら「相手が何を求めているのか興味を持って聞く」ことがポイントです。

あとは、「完璧じゃなくていいから、笑顔で対応する」こともポイントです。
男性としては、女性が何を話しているかよりも、笑顔で接しやすかったりすると話しかけやすかったりします。
1日一回、鏡の前で「ニコッ」っとしてみるだけでも、「人見知り」はちょっとずつ良くなっていくはずです。

男性目線から見た話になってしまいましたが、ちょっと笑顔な感じが男性からモテるポイントです。
完璧は目指さないでやってみてください♪

コメントを残す